喉の異変は更年期障害が起こしていた

喉の違和感!更年期障害が起こす喉の異変は、あなた自身が引き起こしている?

喉の異変、やる気が出ない
熱っぽい、ほてる、起き上がれない

 

実は、喉の違和感を感じることによって
更年期障害を起こしていることがわかるケースもあるのです。
(※更年期障害により自律神経失調の症状が出ている)

 

ウイルスや細菌への防御反応や
病変ではないのに喉の異変
この感じている喉の違和感
その他もろもろの体調、気力の変化
いつもとは違う、自分におかしい・・と思うことがある

 

日によって出てくる症状に強弱がありませんか?

 

医師へこの異変を相談した場合
まずは精密検査をすすめられます。
もちろん、精密検査は必要です。

 

血液検査やレントゲン、尿検査もあるかもしれませんね

 

徹底的に検査をしてみて
医学的・科学的に問題が見つからなかった場合
治療の必要なし、問題なし
と言われ、終了します・・が

 

ここで出てくるのが曖昧でもある病名
自律神経失調症
なのです。

Sponsored Links


自律神経失調症が進むとうつ病になるのでしょうか?

自律神経失調症を放置しておくと

軽度のうつ状態になり
さらに軽度のうつ状態が進むと
本格的なうつとなる可能性が大きいのです

 

 

さてここで、もう一度振り返ってみましょう

 

身体に異変・不調を感じ

病院で検査を受ける

医学的に”身体に”問題なし

精神的なものだと”曖昧ながら”判断

 

でしたね。

 

身体に異変・違和感が起こっている
原因は精神的なもの

 

これは卵が先かニワトリが先かなんて話しに似ていますが
さて、身体と精神どちらが先でしょうか?

 

答えはすぐに出ないと思いますが

 

考察してみますと
胃に痛み・喉に違和感・肩こり・無力感などを
感じているのは、実は脳なのです。

 

脳で発したものに
身体が引きずられている状態

 

この神経の伝達が正常に行われない場合
体中に張り巡らされた神経の伝達を受けた脳が
痛みや違和感を発信するのです。

 

では、この伝達が正常に行われない状態は
どのような状態なのでしょうか?

 

 

体中の神経は喉を通り脳に到達します。
首の周辺に凝りや、緊張があり神経を圧迫すると
脳への到達にエラーを起こす可能性があるのです。

 

このエラーを脳が
異変・違和感・痛みと発信している可能性があります

 

さて、難しくなってきましたが
脳が感じる異変は
実際は身体に起こっているエラーへの反応である

 

 

では、一体どうしたら
この伝達エラーを止めることができるのでしょうか?

 

 

関連記事:自律神経失調症の改善方法

喉の違和感、ヒステリー球の症状とかかりやすい人とは
会社に行きたくないと思ったら喉に違和感など変になった。
更年期障害?お血って何でしょうか治すことはできますか?
新型うつ病とはどんな症状が出るのでしょうか

脳と体の関係が喉の異変を引き起こしている

 

まず、身体のエラー伝達をストップさせる
ことです。
医学的・科学的には問題がなかったけど、何かが身体に起こっている

 

まず精神内科ではなく
整体など東洋医学の専門(特に自律神経に関して実績のある)へ
相談する事をお勧めします

 

東洋医学の世界ではこの神経の伝達エラーで起こる
自律神経失調症やうつの治療は
ごく当たり前に行われており
原因の訴求も整体での治療で出来るようです。

 

 

医学的・科学的とは違ったアプローチにて
身体のエラー修復が行われ
必然的に違和感・異変も消滅するのです

 

自律神経失調症・うつ病などは
あなたが治った、と感じたときが完治したときです。

 

Sponsored Links

喉の違和感は、鼻水鼻づまりで喉が炎症を起こしているかも?

喉の痛みは鼻炎・鼻水が原因の場合も?

   『喉に流れ落ちる鼻水が喉に炎症を起こすこともあるって・・知ってましたか?』

◇◆ 『えぞ式 すーすー茶』 ◆◇

喉の違和感は、鼻炎・鼻水が原因の場合もある?!

今までの鼻炎対策とは全く違い眠くならない、

たった1杯でその効果が実感できるノンカフェイン健康茶が誕生!

すーすー茶の詳細はこちら

スポンサーリンク


関連記事

女性に多い、喉の違和感は更年期障害ですか?
更年期障害なんて、まだまだ先の話。なんて思っていたら若い人にも症状があるそうです。女性に多いといわれている、喉がおかしい、違和感を感じる、顔が火照るなどの症状を紹介します。あなたも若年性更年期障害の可能性があるかもしれません
更年期障害?お血って何でしょうか治すことはできますか?
更年期障害?お血って何かご存知ですか?血流の流れが悪くなるということなんですが。これがすべての病に関係しているともいわれています。それでは、このお血、治すことはできるのでしょうか?