過食嘔吐は自律神経がうまく機能していない状態

大量に食べては吐くを繰り返す過食嘔吐とは自律神経が関係している?

 

過食嘔吐とは、大量に食べては吐くことを繰り返す症状を言います。
過食は自分で食欲をコントロールできなくなって
大量にものを食べ過ぎてしまうことですね。

 

このような症状に陥っている人は、自律神経のバランスが崩れているので
自分で食欲を止めることができません。

 

今日は食べずにいようと決心しても、自分の意志とは無関係に
家にある食べ物をすべて食べつくすほどの食欲を抑えられないのです。

 

このため、食べ過ぎた自分自身に嫌悪感を感じ、食べたものを吐いて、食べたことをなかったことにしようとするのです。

Sponsored Links

過食嘔吐が進行するとうつになってしまうこともあります。


このような状態を繰り返しているとうつ病へと症状が進むことがありますし
自殺願望に悩まされる人が多いのです。

 

そもそも食べては吐くという行為自体が、自傷行為です。
最初は苦しくても何度も吐いているうちに
何の苦労もなく吐けるようになります。

 

慢性化している人の指には、吐きダコができていることも珍しくありません。

 

大量に食べては吐くを繰り返すことで、体は大きなダメージを受けます。
強い胃酸で食道の粘膜が傷ついて炎症を起こしますし
強い酸で歯も溶けてボロボロになってしまうのです。

 

放っておくと、食道がんの原因になる逆流性食道炎や
バレット食道という疾患にかかりやすいので、早めの対処が必要です。

 

過食と嘔吐を繰り返すのは、自律神経がうまく働かず
ホルモンの分泌に異常が生じているからです。

 

つまり、冷静な判断や冷静な行動が取れなくなって、行為が暴走している状態です。
過食嘔吐とは、意志の力で治る病気ではありません
心療内科など専門の医師への相談が必要となってきます。
心当たりがある方は、お早めに医療機関にて診察を受けることをお勧めします。

 

関連記事:自律神経失調症の改善方法
更年期障害?お血って何でしょうか治すことはできますか?
喉の違和感と喘息の関係とは?
喉の違和感、自律神経失調症・欝うつの症状を治す方法
蓄膿症と気管支喘息の関係を喉の違和感で知る

関連記事

喉の違和感など自律神経失調症に効く、手のひらのつぼ労宮
労宮というつぼをご存知ですか?この労宮は自律神経失調症の症状に対して効果のあるつぼと言われています。手のひらにあるので、誰でも簡単につぼ押しできます
自律神経失調症の症状、喉の違和感などで病院は何科に行けばよいのか?
喉の違和感など心身ともに不調な症状をきたす、自律神経失調症。疑わしいな?と思ったときに行く病院はどこ?何科にかかればいいのでしょうか?
自律神経の乱れを整えて喉の違和感を消す?
よく耳にする自律神経が乱れるってどういうことでしょうか?まずは自律神経が乱れるとはどういうことかを知ってみましょう
喉の違和感など自律神経失調症の症状で休職
喉の違和感など、あなたに起こっている異変はもしかする自立神経失調症の症状かもしれません。放置していると休職に追いこまれることもあります
食欲不振や喉の違和感など自律神経失調症の症状でしょうか
食欲不振は下手をすると生命の危機に関わりますよね。この生命に関わるような活動を行うために重要な役割を持っているのが自律神経です。あなたは今、自律神経のバランスが取れた状態ですか?
自律神経失調症を治せば夏バテ知らず
自律神経は人間の休息と活動に大きく関わっています。働いたり運動したりした後に疲れるのは当たり前・・その後回復させるのが自律神経です夏場手はこの自律神経が・・